造る家の「人」・「材」・「質」への拘りを持ち、
1棟1棟、社員大工が誇りと責任をもって施工しています。
この町の暮らしをよく知る自社大工がいることで、
新築施工はもちろんアフターメンテナンス対応も ご安心いただけます。


「夢」や「希望」をカタチにします。

弊社の設計は既定の企画住宅ではなく、 一邸一邸お施主様の夢やご希望をお伺いし、
カタチにしていく「注文住宅」を創ります。
社長は元は大工の棟梁です。 第一線でお客様の声をカタチにしてきました。
だからこそ「創る」ことには拘りがあります。


大工職人は社員です。

業界のハウスメーカーの施工は
下請大工がほとんどの中、
SHIRAKIは大工職人を社員として採用しています。
請けた仕事を自らの手で最後まで受け持つということは、
「造る人」と「住まう人」の気持ちを
最も強く結びつけるための最短ルートだと思っています。
だから、私たちは自社大工にこだわり、
自社で一流の大工を育てて、自分たちの手で施工します。


頼れる大工を目指す上でかかせない
道具の手入れと準備。

家の大切な骨組み部分をはじめ、 現場で大きな役割を担う大工。
「しっかり準備して 一日の仕事に備える」。
棟梁曰く、SHIRAKIの職人大工がみんなこの言葉を
大事にしている、と教えてもらいました。
しっかり手入れした道具を触ると、
やっぱり背筋が伸びる気がするそうです。
SHIRAKIの職人大工は、
「この人に任せたらいい仕事をしてくれる」と
思ってもらえるような、頼れる大工を目指しています。

久保 修峰
(一級建築士・棟梁・宅建主任者)

お客様あっての自分、という思いで取り組んでいます。私自身の家も白木建設で建てたので、お客様の家づくりも自分の意のような気持ちで作っています。

内村 淳一
(棟梁)

お住まいになられるお客様が心地よいと感じる生活ができるよう、毎日やる気・元気をモットーに誠心誠意を込めて家づくりをしています。

川島 敢太
(棟梁)

お客様の大切な我が家、心から喜んで頂けるように、丁寧に丁寧に作業いたします。

濵田 幸一
(大工)

毎日一生懸命、自分の仕事に責任感を持ち、少しでもお客様に喜んでいただけるように取り組んでいいます。

牧瀬 大樹
(大工)

お客様とのつながりを大切にし、一緒に家づくりを楽しんで行けたらと思います。

白木 慎哉
(大工)

お客様が安心して暮らるように、丁寧な作業で家づくりに努めます。

堀之内 克樹
(大工)

お客様に満足していただけるよう、常に責任感を持ち、確実に丁寧な作業をしていきます。

白木 清生
(外構)

外構は、最初に目にする所であり、家の中から見える最も身近な景色なので、お客様が癒される空間づくりを心がけています。家の中はもちろん、家の外でも満足していただけるよう努めています。

鎮守 仁志
(大工・現場管理)

お客様に心から満足して頂けるよう、一つ一つ確実・丁寧に作業するよう心がけています。

豊釜 彩騎
(設計・現場監理)

お客様に白木建設で建てて良かったと思っていただく為に、丁寧で一生懸命に取り組むことが出来るよう心掛けていきます。