「白木の壁」は地震に強く、断熱効果が高い壁です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「白木の壁」は繰り返し来る余震にも強い

建物は地震の揺れで損傷すると、目に見えて強度が低下します。
そのため、本震には耐えられても、繰り返し来る余震によって家が倒壊することもあります。
「白木の壁」で採用している、壁倍率4.8相当のコーチパネルは、従来工法と比べ約2倍の耐力と、約1.6倍のねばりを持つ頑丈な性能。
震度7強を超える地震や、何度も起こる余震にも耐え、
あなたの大切な家族と財産を守ります。

 

 

>もっと詳しく

 

 

 

 

 

 

 

 

「白木の壁」は家も家族も守ります

「白木の壁」で採用している断熱材である、「セルロースファイバー」は、木材と相性の良い素材でできています。
木に負担が少ない素材であるため、木の劣化を遅らせます。
さらに断熱材を壁全体に隙間なく吹き込むため、
高い断熱性を発揮し、快適で健康的な住空間を実現します。

 

>もっと詳しく