ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?

 

ゼロ・エネルギー・ハウスとは、太陽光などで作り出すエネルギー量が、
家庭で消費するエネルギー量を上回ることで一つの住宅の年間のエネルギー消費量(一次エネルギー換算)を
正味(ネット)でゼロ以下にする住まいのことです。

”一次エネルギー”とは
 
炭・石油・天然ガス・水力・原子力などの自然界に存在している形そのままのエネルギー源。
二次エネルギー源は電気・ガソリン・都市ガスなどの一次エネルギーを加工したもの。

 

 

エネルギーゼロ以下の家

 

2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均での実現が目標とされているゼロ・エネルギーハウス。
白木建設では、断熱性の高い住まいをベースに、高効率エアコンやLED照明などの省エネシステム、太陽光発電をはじめとする創エネシステムと、
それらをコントロールするHEMSを活用することで、先進的なゼロ・エネルギーハウスを実現します。

”創エネ”とは
 
創エネルギーの略称で、省エネのような「節約」とは違い、
積極的にエネルギーを作り出し、エネルギーの消費を改善する考え方。

 

 

SHIRAKIのZEHは広くて開放的

 

ZEHはその性質上、エネルギー消費を抑えるために間取りや窓を小さく設置する場合があります。
ところが、白木建設のZEHなら大空間、大開口の家の実現が可能です。
高い断熱性(UA値0.56以下)の壁面や省エネ設備、効率的な創エネ設備を駆使し、大空間、大開口の家の実現を目指します。
そこには白木建設ならではの技術と経験が活きています。

 

 

 

BELSについて

 

BELS取得目標宣言
白木建設はBELS工務店です。
白木建設は2020年までに自社で設計・建築する新築住宅、全物件にBELS表示をすることを宣言いたします。

 

BELSとは

BELSとは簡単にいうと住宅の燃費表示です。
BELSでは同じ計算法に則って、一次エネルギー消費量を算定いたします。
お客様にとっては、ひとつのモノサシで建物の「燃費」を比較できるメリットがあります。
見比べる方法は3つ。星の数、棒グラフ、Ua値。
 

☆の数

☆☆2が基準で、2020年の省エネ基準適合レベルです。
これに満たない住宅は☆1となります。
☆☆☆3で「認定低炭素住宅」レベル。
☆☆☆☆☆5が「ZEH」レベル。
 

棒グラフ

矢印が左に行けば行くほど低燃費ということを示します。これは☆☆2(2020年の省エネ基準適合レベル)に対してどれほど削減(省エネルギー化)できているかが%で表されます。ちなみにZEHのラインは☆☆2基準より20%削減されたラインです。
 

Ua値

左下のほうに住宅の断熱性能を示すUa値が表示されます。Ua値とは(外皮平均熱貫流率)のことで、家全体の熱の出入りのしやすさを表し、外壁・屋根・床などの断熱性能を数値化したものです。数値が小さいほど熱の出入りが少なく高性能となります。ちなみに鹿児島の基準レベルはUa値=0.87以下。そしてZEH基準レベルはUa値=0.6以下です。
 

白木建設の建物は全棟☆☆☆☆☆5、Ua値0.6以下を実現いたします。

 

 

ZEHビルダー実績報告書/BELS取得割合

 

2017.05.09

ZEHビルダー事業における実績報告はこちらから確認できます。
下記のボタンをクリックすると詳細PDFへジャンプします。

>詳細はこちら
 
2018.04.16

BELS取得割合こちらから確認できます。
下記のボタンをクリックすると詳細PDFへジャンプします。

>詳細はこちら